ヘルシースペース美園・院長のひとりごと

総合健康空間 「 ヘルシースペース美園 」 の長江です。 ダイエット、美容、健康に関することから趣味の分野まで・・ 思いつくままにお話します。

「 なす 」 か、 「 なすび 」 か。

「 なす 」  がん予防に効果があります。


「 なす 」 の紫色の成分である 「 ナスニン 」 には
活性酸素の発生を抑制して、
「 がんを予防する効果 」 があります。

そのほかに含まれている
食物繊維やフェノールにも、その効果があります。

約95% が水分で、栄養素は乏しいのですが、
その効果から、「 なす 」 は

健康の面で、とても注目されている食材 なのです。

油との相性がよいために、わが家では
炒めたり、天ぷらや揚げなすにして食べていましたが

年齢とともに
蒸したり、網焼きで食べることが多くなりました。


「 本題 」 にもどります。

「 なす 」 か、「 なすび 」 か
どちらが正しい呼び方なのでしょうか。

もともとは、「 なすび 」 と呼ばれていたようです。

夏に味が良いという意味の 「 夏味 」 ( なつみ → なすび )
「 中が酸っぱい実 」 ( なすみ → なすび )

が語源とされているからです。

ちなみに英名では、エッグプラント ( 卵の木 ) といいます。





スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://mimimisono.blog104.fc2.com/tb.php/85-31ec050a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ナスの様々な品種と、ナス科の野菜

ナスの主な品種には、千両ナスや長ナス、米ナスなどがあります。なすを使ったメニューといえば、麻婆茄子や茄子の浅漬け、茄子の田楽あたりが一般的ですね。後半は、ナスと同じ科の野菜について書いてます。

  • 2008/11/15(土) 09:50:38 |
  • サイノメ

FC2Ad